« ロードリライアブル引退 | トップページ | 飲みに行った店 炉ばた庄屋 »

2024年3月19日 (火)

愛馬近況(3月)

愛馬達の近況です。

グランデマーレ
栗東在厩です。
HPの情報によると「水曜日は坂路で追い切りました。終い強め程度の内容でしたが、前半でかなり行きたがった分、終いはちょっと脚色が甘くなってしまいましたね。コントロールはまだ利いているものの、かなり気持ちが入るようになってきていますから、十分注意しながら調整を進めていきます。脚元の状態は安定していますし、体調面は特に変わらず良好です(藤岡師)」だそうです。

蹄の状態が良くなったようで先月末に帰厩してます。3月24日中京の高松宮記念(GⅠ芝1200m)目標に帰厩してますが賞金面で除外濃厚みたいです。その場合3月30日中山のダービー卿CT(GⅢ芝1600m)が目標になるようです。重賞ならそれなりにペース速いでしょうから掛からないで済むでしょうし、マイルの方が良いと思うので除外OKです。

セラフィックコール
NFしがらきで調整中です。
HPの情報によると「こちらに到着後は馬体に異常がないことを確認してからトレッドミルでのキャンターを開始しています。しっかり勝ち切ってくれた後ですが今のところは目立った疲れは見せていません。トモのクモズレについては悪化させないようケアをしながら進めていきます」だそうです。

前走後、放牧に出てます。目標とされてる帝王賞は6月末でそれまでに4月3日の川崎記念に出走するようです。

キーパフォーマー
グリーンウッドで調整中です。
Horsephoto_20240318153501

HPの情報によると馬体が十分に回復してきたことから、この中間より騎乗調教を再開しています。現在は周回コースでのハッキング2000mを消化後、坂路コースをハロン17秒程度で1本登坂しているところです。コンディションは悪くないものの、テンションが高いため、落ち着かせながらじっくりと負荷を上げていく方針ですだそうです。

前走は内容も結果も案外でした。マイナス10kgの馬体重の影響だったんでしょうか。次走は4月中頃あたり?

エクサビット
NF天栄で休養中です。
HPの情報によると「トレッド調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「なかなか安定しなかった歩様ですが、ようやく落ち着いてきたかなと思えます。それに伴いまして、軽くではありますが騎乗調教も採り入れ出しました。少し時間を要した分、態勢を整えるのにも時間を要すかもしれませんが、慎重に接していきたいと思います」だそうです。

当初軽症かと思われた蹄ですが、意外と悪かったようでようやく軽めの調教を再開したようです。なんとか早くよくなってくれないと…。

グレッソネイ
NF早来で休養中です。
Cb7c4b5e2024312d8922841f6f670c6
HPの情報によると「この中間もウォーキングマシン調整で経過観察を行っています。このまま軽めの運動を継続しつつ、回復を促していきたいと考えています。カイバ食いや体調面に変わった様子をありません」だそうです。

骨膜という話でしたが1ヶ月以上たってから骨折ということが判明したということで北海道まで戻ってます。全治3ヶ月らしいです。北海道開催で復帰という感じでしょうか。

バレルターン
栗東在厩です。
3月17日阪神の1勝C(D1800m)に出走し、9着でした。
Cimg4053 468(+8)
レース後のHPの情報によると「ダートの走りは悪くなかったと思いますし、道中はキックバックを受けても問題ありませんでした。聞いていた口向きも今日は特に気にならず、最後まで諦めずに頑張ってくれていました。距離はこのくらいか、あるいはマイルでも良さそうです(ムルザバエフ騎手)。一歩目が遅くて二の脚がつかずに位置取りが後方になってしまいましたが、ダートの走り自体は悪くなさそうでしたね。着順は良くないのでその点は申し訳ありませんが、課題の折り合いは問題なさそうでしたし、収穫もあったレースだったと思います。この後はまず脚元等をしっかりチェックしてから検討していきます(茶木師)」だそうです。

血統的にダートは走れると期待したのですが走りにパワフルさに欠けるというか案外な結果でした。クラブコメントでは悪くない、という感触のようですが現状では芝の方がいいかな?

アヴァンポップ(マジックリアリズムの22
社台ファームで育成中です。
HPの情報によると「馬体重423kg。現在は周回コースでウォーミングアップした後、坂路コースをハロン16~17秒で1本駆け上がる流れを基本の調教内容としています。その他の日は周回コースでじっくりと長めの距離を乗ったり、トレッドミルでインターバルトレーニングに励んでいます。少しカリカリしてきているものの、コントロールはしっかり効いて集中して走れています。坂路では手応え良く動けており、背中もしっかり使えています。馬体重は少し増量しているものの、カイバ食いがやや落ち気味なため、今はペースアップを急ぐのではなく、適宜リフレッシュ入れながら調整していく方針です」だそうです。

現状、成長はスローですね。

ネーヴェフレスカ(グランデアモーレの22)
NF早来で育成中です。
6fa995b220243831100761ad4bb335
HPの情報によると「馬体重451kg。リフレッシュ明けも問題なく調整を進めることができ、現在は週3~4日、坂路でハロン14~17秒のキャンター1~2本と周回コースでのキャンター1800mの調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンターのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。この中間は週1本ながら坂路で15-15、もしくはそれを少し上回るペースで乗るなど、順調に調教負荷を掛けることができています。今のところ気性的な難しさを見せていないことは何よりで、今後も心身の状態を保ちながら速めの本数を重ねていきたいところです」だそうです。

姉たちと違って気性面の難しさがなさそうなのは何よりです。

ヴァイスクレー(ブルーメンクローネの22)
NF空港で育成中です。
8b664f73202437311007615f145344
HPの情報によると「馬体重429kg。週2日、900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。この中間もハロン16秒ペースで体を動かすようにしていますが、体調を含め、変わりなく推移しています。今後もじっくり乗り込んでいくことで筋力を強化し、さらなるパワーアップへとつなげていきたいところです」だそうです。

調教を続けながら馬体重が増えてきたのは良いことです。

トータルクラリティ(ビットレートの22)
NF早来で育成中です。
3c4276e920243831100761b326930c
HPの情報によると「馬体重464kg。週3日、坂路でハロン14~17秒のキャンター2本の調整を行い、それ以外の日は周回コースでのキャンター2700mのみかウォーキングマシン調整を取り入れています。この中間も坂路を1日2本乗ったり、15-15を乗ったりするなど、順調に進めることができています。日によっては終いをハロン14秒まで伸ばしてみるなど、少しずつ負荷を強めることができており、このままコンスタントに速めの調教を乗ることで鍛え上げていきます」だそうです。

14秒まで伸ばしてきてるようでいいですね。

先日のセラフィックコール(ダイオライト記念)が今年の出資馬初勝利でした。未勝利の3歳馬が故障で心配ですがこの後グランデマーレ、セラフィックコールと重賞挑戦が続き、楽しみもあります。

キャロットクラブ、社台サラブレッドクラブから写真、記事転載の許可を受けています。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

« ロードリライアブル引退 | トップページ | 飲みに行った店 炉ばた庄屋 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードリライアブル引退 | トップページ | 飲みに行った店 炉ばた庄屋 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ