« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023年1月

2023年1月31日 (火)

こりん、1歳

こりんが1歳の誕生日を迎えました。
近々飼い主が旅行に行くのでこりんをうさぎホテルに預けないといけないのですが今回はRabbit Ruruという2年ほど前に六甲にオープンしたうさぎ専門店に預かってもらおうと思ってます。ここは初めての場合は事前にお店でうさぎのチェックが必要ということで今回訪問しました。
(盗み撮りのような写真になってしまった)
Img_20230130_141033x
うさぎのチェックといってもちょこっと確認するだけでした。
Img_20230130_135900
写真は終わって少し不機嫌なこりんさんです。このあとすぐ毛繕いを始めたので初めての場所でも緊張しない、いつものこりんでした。

誕生日、おめでとう。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

| | | コメント (0)

2023年1月26日 (木)

こりんの雪遊び

日本各地で大雪が降って交通機関にも影響が出てるようですが我が家の周りもほんのちょっとですが雪が降りました。
夕方、部屋を出てみると玄関前に吹き込んだ雪が少し。
さっそくこりんに雪を体験させようと連れ出してみました。なんの警戒もせずすぐ雪の上に。
Cimg1881
Cimg1882
Cimg1883_20230125171601
雪の上にこりんの足跡🐾。
Cimg1884
初めての雪の上を歩いてこりんは足、冷たかったかな。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

| | | コメント (0)

2023年1月20日 (金)

愛馬近況(1月)

愛馬達の近況です。

グランデマーレ
NFしがらきで休養中です。
1月7日中山のニューイヤーS(芝1600m)に8着でした。
08b920ba2023110d892284167c34135 506(-2)
レース後のHPの情報によると「ジョッキーはもっとじっくり行こうと思っていたようなのですが、スタートして外から引っ掛かってしまいましたね…。あそこからさらに前へ行くわけにもいかず、直線へ向く頃にはもう手応えが残っていませんでした。乗り難しいところのある馬ですが、一度使っての上積みがあっただけに残念です。今日はいい競馬とならず申し訳ありませんでした。この後はまた様子を見てから判断していきます(藤岡師)」だそうです。

外枠だったこともあり、前に壁を作れず。いつものレースと同じで掛かってしまいました。内枠だったらまた違ってたかな。
レース後、左前の骨折が判明しました。

最新のHPの情報によると「残念ながら膝の骨折が判明したとのことで、先週末にこちらへ移動してきました。まずはウォーキングマシン中心のメニューで軽く動かしながら、こちらでも状態の確認を行い、ケアをしながら無理のないように調整を進めていく予定です」だそうです。

これで骨折は3度目です。復帰はできるんでしょうけどもう好走するシーンを見るのは無理かな。

グランデフィオーレ
栗東在厩です。
1月7日中京の1勝C(芝1400m)に出走し、18着でした。
21073cdf2023110d892284137baa3e3 464(+14)
レース後のHPの情報によると「スタートしてから行きたがってしまいましたし、さすがに最後は苦しくなりましたね。いろいろと普段の調整も工夫していたのですが、今日はいい競馬とならず申し訳ありませんでした。休み明けを使ってまた中身も良くなってくると思いますが、まずはトレセンで脚元など馬体をよく確認していきます(藤岡師)」だそうです。

当初3ヶ月程度の骨折と言われていたのですが8ヶ月ぶりのレースとなりました。いいところなくビリで終わりました。お兄ちゃんと同じで序盤で掛かってしまいレースになりませんでしたね。気性面の成長も見られず、5歳ですし、厳しいかな。

最新のHPの情報によると「当初は放牧に出すことも考えていたのですが、今の出馬状況を見るとそう間隔を空けずに出られそうだったので、引き続き在厩で調整を続けています。早ければ今週からでも使うつもりで水曜日に坂路でサッと時計を出していますが、馬の状態は変わらずに良さそうですし、脚元に反動が出るようなこともありません。前走で跨った角田河騎手がダート1000mは面白いかもと言っていて、昨日の想定を確認すると節でなんとか入りそうだったことから、本日投票したところ無事に出走が確定しました。鞍上は康太で行かせていただきますので、この条件替わりがいい方に出てくれればと思います(藤岡師)」だそうです。

1月22日小倉の1勝C(D1000m)に出走します。初ダート、初距離です。向いてるのかどうかわかりません。(康太を乗せるようですが)どうせなら減量騎手で逃げてどこまで頑張れるか、というのを見たかった。

グランデレジーナ
NFしがらきで調整中です。
1月8日中京の1勝C(D1200m)に出走し、16着でした。
4713ee0f2023110d892284196c61666 438(+4)
レース後のHPの情報によると「ダートの走り自体は悪くなく、キックバックも気にしていなかったとのことでしたし、直線も伸び切れなかったとはいえ最後までやめずに走り切っていたようには見えました。ジョッキーによると“手綱を持ってしまうと頭を上げて消耗してしまうし、引っかかるのも良くないと思い出たなりで進めましたが、今日のような走りができるなら思い切って前に行った方が良かったかもしれません”と話していました。結果は出なかったものの、変に行きたがったりしなかったのは普段の取り組みが少しは反映されてきたとも考えられますし、なんとか次に繋げていければと思います(茶木師)」だそうです。

コメントにもあるようにそれほど砂を嫌がる様子は見られませんでしたがレースっぷり自体は見どころなし、でした。

最新のHPの情報によると「先週こちらへ到着しており、現在はウォーキングマシン中心の調整で馬体チェックを行っています。今のところ目立った疲れなどはなさそうなので、このまま適度に動かしながらリフレッシュを図っていきます」だそうです。

ダートの走りも悪くない、ということですが良くもない。まだ4歳ですがここから成長がみられないと厳しいな。

ロードリライアブル
栗東在厩です。
HPの情報によると「先週金曜日にトレセンへ戻してからも計画通りに進行。水曜日は坂路コースでサッと追い切りを掛け、トータル54秒0、終い13秒3の記録を残しました。来週の中京に組まれる芝1600mが復帰戦の候補。可能な限りは上位のジョッキーを押さえたいところです(清水久師)」だそうです。

蟻洞で半年ほど休んでましたが、先週帰厩してます。来週出走のようですが休んだ期間の割には先週1本目の坂路の1Fが13秒台と物足りないし、来週では本数も足らない気がする。

セラフィックコール
NFしがらきで調整中です。
A8a7ff212023117f526e70177879702
HPの情報によると「この中間も坂路で15-15程度の調教をコンスタントに取り入れてしっかり乗り込んでいます。厩舎サイドとは阪神開催あたりを目標に近々移動させようという話をしていますので、この調子でさらに終いを伸ばす調教も取り入れながら帰厩に備えていきます」だそうです。

ゲート合格後、年末年始を挟んでしがらきで1ヶ月を過ごしました。阪神開催目標だそうですがまだ入厩してない。阪神開催最初の4日間で新馬戦は終了ですので新馬戦の登録殺到するでしょうね。前回入厩時に1本も追い切ってないので仕上がり具合もわかってないのに、このセンセイ大丈夫かな??。

アンコールピースの21
社台ファームで育成中です。
Horsephoto_20230115171801
HPの情報によると「馬体重426kg。この中間は直線坂路コース入りの頻度を週3日に増やし、そのうち1日は2本の登坂を課しています。引き続き登坂後は周回コースにてハッキング1000mを消化し、登坂日以外にもトレッドミル運動と併せて周回コースでハッキングを長めにおこない、その際は手前を使い分けてバランスよく鍛えるよう留意しています。たてがみ付近の皮膚病が良化して、ラチにはりつこうとする面は改善されてきました。力みも次第に抜けてフォームが安定するようになってきた印象です。飼葉食いに問題ありませんが、現状で身になりにくいところがありますので、適度に乗りながらもう少し体つきに余裕を持たせたいところです」だそうです。

牝馬ですがもうちょっと大きくなって欲しいです。

ビットレートの21
NF空港で育成中です。
40df5742202316dad92cd1322684f5
HPの情報によると「馬体重478kg。周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本登坂しています。脚元が硬めで、いくらか負担のかかりやすそうな馬ではあるものの、ここまで大きな不安を見せるようなことはありません。じっくり負荷をかけてきたことで、体はガッシリしてきているので、今後も馬に合わせて乗り込みをこなしていければと考えています」だそうです。

馬体が締まってきたんでしょうか。

アドマイヤローザの21
NF早来で育成中です。
3bca7099202316dad92cd1ae13e6f1
HPの情報によると「馬体重496kg。年末年始はリフレッシュも兼ねて、ウォーキングマシンなどの軽めの運動に留めていましたが、少しずつ元の調教に戻しており、現在は周回コースでのハッキング2700mかウォーキングマシン調整を取り入れています。坂路では少し気が入りやすいところがあるなど、気性面に幼さこそ残るものの、馬体の完成度は高く、歩きや体の使い方はしっかりしたもので好印象を与えます。昨年の乗り始めから坂路でのハロン16秒のキャンターまで順調に進めることができた経緯から、今後も坂路でスムーズに本数を重ねていくことができそうです」だそうです。

完成度が高い=早期デビュー?。期待してます。

ピエリーナの21
NF早来で育成中です。
77a7c343202316dad92cd15ae4e4e4
HPの情報によると「馬体重457kg。年末年始はリフレッシュも兼ねて、ウォーキングマシンなどの軽めの運動に留めていましたが、少しずつ元の調教に戻しており、現在は週1日、坂路でハロン16秒のキャンターと角馬場での調整を行い、それ以外の日はトレッドミルでのキャンターかウォーキングマシン調整を取り入れています。乗り運動再開後も脚元の状態や体調は安定しており、順調に調整を進めることができています。これから春に向けて順次調教負荷を上げていくことになりますが、成長の過程で肢勢が変わることが想定されるので、負荷の掛かり過ぎには気を付けつつ乗り込みを進めていきます」だそうです。

乗り込みを重ねつつ、じわじわ馬体重が増えてるのがいい。今はそれくらいしか言いようがないけど。

元出資馬グランデマーレの子供たちが3頭とも出走しましたが惨敗。今年も先行きが暗そうな始まりです。

キャロットクラブ、社台サラブレッドクラブから写真、記事転載の許可を受けています。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

| | | コメント (0)

2023年1月14日 (土)

こりん、初病院

前回の記事でこりんが年末に体調を崩したけど回復したので病院に行かずに済んだ、と書きましたが先日、半日ほどですが全く食べなくなってケージの中でジッとしてることがありました。夜には回復したのですが年末に不調だった事もあり、翌日に病院に行くことに。

行ったのは芦屋にあるマール動物診療室。先住うさぎのみるきんがお世話になっていた病院です。
自分としても3年ぶりになります。コロナのせいか先に電話で行く時間を予約するようになってました。

奥歯まで歯の状態をチェックしてもらってた。みるきんは嫌がってたけどこりんは大人しくしてた。驚きです。
先生と話している最中、看護師さんに仰向けで抱っこされたまま結構長いことジッとしてました。おっとりした性格だからでしょうか。みるきんとは随分違う。

点滴と飲み薬をもらいました。
写真は診察後の待合室です。
Img_20230113_105138
初めての場所なので最初はビビッてましたがこの後、待合室を散歩してました。

ペレットを食べる量は戻ってませんが牧草はしっかり食べているので大丈夫でしょう。
りん!、病院行くのはできるだけやめてね。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

| | | コメント (0)

2023年1月 7日 (土)

お正月のこりん

年末に1日だけペレットを食べない日があって正月早々病院か?!、と心配させたこりんでしたが、翌日からいつもとおり食べ始めて一安心でした。正月最初はそのこりんさんに登場してもらいます。

エサ入れにあごを乗せて寝てます。
Cimg1880_20230106160001
こちらは水入れにあごを乗せている姿です。
Cimg1351
いつもと言う訳ではないですがよくこの格好でくつろいでいます。楽なんでしょうか?

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

| | | コメント (0)

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »