« 愛馬近況(10月) | トップページ | 飲みに行った店 酒場たちまち »

トップデサイルの20、ファンド解散

社台のトップデサイルの2020が放牧中に骨折し、ファンド解散となりました。
Cimg0279
HPの情報によると「この中間も夜間放牧を重ね、もう間もなくで調教厩舎へ移動する予定でした。ところが、10月13日(水)の収牧時に、右後肢に著しい跛行が認められました。すぐに獣医師によって痛み止めや消炎剤の投与による治療を施しましたが、なかなか症状の改善が見られませんでした。
そのため、10月14日(木)に獣医師によるエコー検査(超音波検査)を受けたところ、右側の寛骨臼(かんこつきゅう)を骨折していることが判明しました。寛骨臼は股関節の骨盤側に位置し、大腿骨の受け皿となる重要な骨です。おそらく放牧中にあやまって転倒した際に骨折してしまったものと考えられ、競走馬として目途が立ちそうにないほど症状は深刻であるとの見解でした。
本馬の現状をふまえて牧場サイドと協議を重ねました。競走馬としての調教がはじめられない状況下において、このまま会員の皆様に不安を抱えながらご出資していただくことは適切でないことから、ここで会員の皆様との出資契約を解消しまして、競走馬ファンドとしての運用を断念することを決定いたしました。
本馬の成長や将来の活躍を楽しみにされていた出資会員の皆様におかれましては、まことに残念なことと存じます。競走馬の育成には細心の注意を払っているものの、生き物であるがゆえに不可避的なアクシデントが起こり得ることをご賢察いただき、なにとぞご理解、ご了承賜りますようお願い申しあげます」だそうです。

私にとってはどう表現してよいかわからないくらいの衝撃的なニュースです。今年サンデー(社台)に入会して初めて(唯一)出資した馬でしたが競走馬としてデビューどころか調教すら始まらないうちに骨折、ファンド解散とは…。
もう既に1歳馬は完売しており、今年入会していきなり出資馬無しの状態になります。出資金だけではなく入会金も返金されるようです。
この書面には書いてないのですが、出資馬がいなくなったので会費も1年間免除のようです。
退会するか、このまま来年を待つか…。茫然自失であります。


社台サラブレッドクラブから記事転載の許可を受けています。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

| |

« 愛馬近況(10月) | トップページ | 飲みに行った店 酒場たちまち »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛馬近況(10月) | トップページ | 飲みに行った店 酒場たちまち »