« 飲みに行った店 かわ神 | トップページ | 愛馬総括 2020 »

2020年12月26日 (土)

クルーガー引退

クルーガーが引退です。NFしがらきで調整中に屈腱炎を発症し、8歳という年齢もあって引退することになりました。

HPの情報によると「年齢的にもなかなかコンディションが上がらず慎重に進めてきたところ、残念ながら屈腱炎を発症したとのことでこの後のことを心配していました。もちろん復帰を待つつもりでいましたが、このたびトルコレーシングクラブで種牡馬入りが決まったとのこと。世界中で産駒が活躍する可能性が生まれたというのは何よりの朗報です。若い頃は故障に悩まされクラシックでは活躍できませんでしたが、古馬になって徐々に才能が開花し、7歳になった昨年はオーストラリアに遠征。特に春、ドンカスターマイル4着の直後に連闘を決めたクイーンエリザベスSで、あの女傑ウィンクスの2着に入ったことはかけがえのない経験でした。初めての海外遠征ですっかり気持ちが若返ったのか、今年4月ダービー卿CTの勝ちっぷりは鮮やかでしたね…。クルーガーとの思い出はいいことも悪いこともたくさんあって語り尽くせませんが、長い間一線級で走り続けて厩舎を支え続けてくれたクルーガーには心からありがとうと言いたいです。ここまで声援をいただきました会員の皆様にも感謝しております(高野師)」だそうです。

下の写真は2013年の募集馬ツアー時です。当時、初めて4000万という自分の中での高額馬への出資でした。
Cimg5915   

デビューは2歳11月の京都ダート戦で2着でした。
Cimg9423
そのまま続戦した2戦目で初勝利、年が明けた3歳初戦は500万の身ながら京成杯に挑戦し、3着と能力のあるところを見せ春のクラシックに期待が膨らんだのもつかの間、レース後に骨折が判明し休養。復帰後自己条件を勝ち上がり、明け4歳でオープンへ、その春にはなんとマイラーズカップに勝利。
Cimg3775
次は安田記念!と思ったらまた骨折で1年の休養。復帰後も重賞で2,3着を重ねるも6歳に3度目の骨折。復帰後はダート戦に矛先を向けたりしましたが7歳春には豪州遠征し、クイーンエリザベスSでウィンクスの2着!。結果的には残念でしたが秋にも豪州遠征しました。今春には過去には見られなかった切れ脚で8歳ながらダービー卿で重賞2勝目を挙げてくれました。

屈腱炎判明後、北海道まで戻したのは行き先が決まらないからだろうなと思ってました。特筆できるほどの成績や血統じゃないので種牡馬になるのは難しいと思ってましたがまさかトルコで種牡馬とはちょっとビックリです。日本ではあまり期待されてない種牡馬だと繁殖牝馬が集まらず初年度産駒がデビュー前でも用途変更で行方不明になったりするけど向こうはどうなんでしょうか。個人的にはノーザンホースパークで乗馬になってくれた方が安心だったんですけどね。トルコじゃあ会いに行くいう訳にはいきません。ネットで見るとトルコでは年間1500頭くらいサラブレッドの生産があるようで、過去には日本のディヴァインライトやスマートロビンが種牡馬になったりしてますが。今回ヴィクトワールピザも一緒に行くようですが大切にしてもらえるといいんだけど。

最後の現地応援は2017年4月、クルーガーとしては1年ぶりの実戦復帰となったマイラーズカップでした。
Cimg5962
戦績27戦6勝。
長く現役生活を続けてくれたんですが休養期間が長かったり、海外遠征したこともあり現地応援は5回だけでした。
自分の出資馬として初めての重賞勝ちだった16年のマイラーズカップは偶然自分の誕生日と重なり、現地で喜び爆発でした。クイーンエリザベスSは中継を見てて直線で内から先頭に立った時はほんの一瞬、夢を見ました。出資馬全部に思い出がありますがこの馬はその中でも忘れられない思い出が一杯の馬です。クルーガーありがとう。

キャロットクラブから記事転載の許可を受けています。

ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 酒ブログ 関西飲み歩きへ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

« 飲みに行った店 かわ神 | トップページ | 愛馬総括 2020 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飲みに行った店 かわ神 | トップページ | 愛馬総括 2020 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ